カテゴリー
チェス

クイーンズギャンビットの定跡や対策〜チェスのオープニング解説

チェスのオープニングの中でも人気の高いクイーンズギャンビットを今回は解説いたします。
定跡を覚えることで、自分がクイーンズギャンビットを指せるだけではなく、自然と対処方法も身につけることができます。

こんな情報をまとめています

  • クイーンズギャンビットの指し方
  • クイーンズギャンビットの攻め方や対処方法

クイーンズギャンビットとは

クイーンズギャンビットは白番のd4から始まるオープニングの一つで、ポーンを犠牲にする(ギャンビット)手が特徴的です。
ネットフリックスのドラマのタイトルでもあることから、名前の知名度も高いです。

クイーンズギャンビットは攻撃力のある人気のあるオープニング

攻撃力のある人気のあるオープニング

クイーンズギャンビットの最大の特徴は何と言っても高い攻撃力にあります。
自分のポーンを犠牲にすることで、序盤から中央の駒を攻撃していっています。

しかし、次の番でポーンを取られてしまいますがクイーンズギャンビットには狙いがあります。

クイーンズギャンビットのオープニングの狙い

クイーンズギャンビットのオープニングの狙い

クイーンズギャンビットにはどういった狙いがあるのかをポイントごとにご紹介します。
オープニングの狙いを知ることで、より理解が深まり定跡の変化から柔軟に指せるようになります。

ポーンを犠牲にして中央を支配する

クイーンズギャンビットには複数の変化があり、相手がポーンを取ってきたeファイルのポーンで中央を支配することができます。

白番は損失したポーンを将来的に取り戻せる

白番は損失したポーンを将来的に取り戻せる

キングサイドのビショップに注目してください。
白番はポーンによる中央の支配だけでなく、ビショップでの相手の攻撃も行なっています。

序盤から、一石二鳥のこの手はシンプルに協力であることがわかります。

ルークを取りに行く攻撃的な指し方

クイーンズギャンビットの攻撃力のわかる代表的な序盤の動きの一つが、ルークをいきなり取りに行ける戦術です。
クイーンによる攻撃が強力で相手は駒損から逃れられません。

クイーンズギャンビットのバリエーション

クイーンズギャンビットのバリエーション

クイーンズギャンビットのオープニングには4つのバリエーション、変化があります。
これらの変化に対応して、クイーンズギャンビットを指せるようになりましょう。

クイーンズギャンビットのバリエーション

  • クイーンズギャンビット ディクラインド
  • クイーンズギャンビット アクセプテッド
  • アルビン カウンターギャンビット
  • スラブディフェンス

クイーンズギャンビット ディクラインドの流れ

一つ目のバリエーションは、クイーンズギャンビット ディクラインドと呼ばれる、相手がポーンを取ってこなかった場合の変化です。
相手がポーンを取らない場合はこちらから仕掛けていき、ナイトで守るようなならビショップでピンをします。

相手に主導権を握らせずに指し進めて行くことができます。

クイーンズギャンビット ディクラインドの対策

黒の取れるクイーンズギャンビット ディクラインドに対する対策は、相手のナイトを攻撃して攻めのラインを作っていくことです。
ポーンを犠牲にした隙を突いて行くことで、対等に戦って行くことができます。

クイーンズギャンビット アクセプテッド

クイーンズギャンビットアクセプテッドは相手がポーンを取ってきた時の変化となります。
白番はセンターを支配しながら、ビショップで攻撃を仕掛けます。

手順の図のよに受け方を間違ってしまうと、相手はルークを落とすことになります。

クイーンズギャンビット アクセプテッドの対策

クイーンズギャンビット アクセプテッドの対策手段として、黒番はフィアンケットしていくのが将来的に強くなります。
相手のキングサイドは展開が遅れており、ルークを狙って行くだけでなく、キングサイドへのキャスリングへの抑圧にもなります。

白はクイーンサイドへのキャスリングは、黒が押し込みやすいので危険です。

アルビン カウンターギャンビット

アルビンカウンターギャンビットはクイーンズギャンビットのバリエーションとして覚えておいた方が良いです。
相手もポーンを犠牲にすることで激しい展開になっていくことになります。

白は相手の反撃も華麗に捌き、ナイトの位置交換を行いながら白番としてのリードをキープできます。

黒もナイトで駒を相手の駒を攻める

黒もナイトで駒を相手の駒を攻める

黒番も相手と同じようにナイトを展開していきます。
これで、お互いに簡単にポーンに手が出せない状態となり、別の駒組を進めて行く必要となります。

スラブディフェンス

クイーンズギャンビットの中でも、黒の対応として人気の高いディフェンス方法がスラブディフェンスです。
黒側はポーンチェーンを作りますが、白はポーンが浮いているようにも見えます。
黒はキングサイドへの攻撃やセンターの支配など二つの可能性を秘めています。

クイーンズギャンビットを学べる絶対読むべき一冊

今回は、クイーンズギャンビットの定跡や指し方についてご紹介しました。
攻撃的な展開になりやすく、激しいミドルゲームとなるので攻撃的なチェスが好きという方は是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です